映画「デンジャー・ゾーン」の吹替え版をNetflixで鑑賞した感想

デンジャー・ゾーン 映画洋画

コロナ禍でステイホームが増えてから、Netflixのオリジナル映画を鑑賞することにハマっています。今回は、アンソニー・マッキー主演の「デンジャー・ゾーン」を鑑賞しました。内容は近未来の戦地でのアンドロイド兵士のお話しです。

あらすじと感想

あらすじ

近未来。命令違反をしたドローンパイロットは危険な武装地帯に送られ、アンドロイド兵士と協力して世界を破滅に導く兵器を探すことになる。(Wikipedia)

感想

ストーリーは驚くような展開は無いように感じましたが、主演のアンソニー・マッキーが演じるリオ大尉の今まであまり観たことのない、新しい感じのアンドロイド表現を楽しめました。メカのアンドロイド兵士も良く出来ており、戦闘シーンは見ものです。

鑑賞記録

配信日鑑賞日Filmarks採点
2021年01月15日2021年01月28日(Netflix)3.0
映画『デンジャー・ゾーン』の感想・レビュー[2632件] | Filmarks
レビュー数:2632件 / 平均スコア:★★★3.1点

あとがき

Netflixのオリジナル映画は劇場で観る映画と違って、丁度良いくらいにまとまっている上に吹替え版もあるの身構えることなく楽しめるので好きです。(吹替え版は全ての作品にあるわけではありません。)

タイトルとURLをコピーしました